FC2ブログ
CONTACT US
お問い合わせ
BATSU FOUR
計画工房 Commercial
商業 Residental ATTACHMENT
こだわり MEETS
施主との出会い PARTNERS
仲間 COMPANY PROFILE
会社案内 CONTACT
お問い合せ LINK
リンク
TOP
トップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内子の福岡さん


<かわせみ>
福岡さん
昔、松山の大工さんからこんなことを教えてもらった。
「松山で使うのは、久万で育った木が一番良い。
どうしてか?
それは、久万の木は松山に適した冬の寒さと夏の暑さをよーく知っているから。」
このことを、ある本に書いたことがあった。
この本を読んで私に声をかけたのが、きこり(伐採業) をしていた福岡さんだった。
福岡さんは当初、内子にファーストフードのお店をつくるということを希望していた。
しかし、福岡さんと話をしていると、どんどん出てくる山での生活の話。
「あるとき、9月なのに、私の肩に星がとまったんよ。季節はずれの蛍やった…」
「山では、何でも食べたよ。ウサギや山の鳥や、山菜を採ったりもして食べた…山にはそんなものしかないけんな。」
福岡さんがしてくれる山の話はいつも魅力的で、風景が思い浮かぶようだった。
私は言った。
「山で食べていたような素朴な料理を出して、こんな風にゆっくり福岡さんのお話が聞けるお店にしたらどうですか?」
小さい頃から訪れていた内子という町に、自分が行ける店をつくりたかったということもある。
こうして出来た「かわせみ」は、愛媛を訪れた県外の人たちが、わざわざ探して、内子まで足をのばすお店になった。

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。