CONTACT US
お問い合わせ
BATSU FOUR
計画工房 Commercial
商業 Residental ATTACHMENT
こだわり MEETS
施主との出会い PARTNERS
仲間 COMPANY PROFILE
会社案内 CONTACT
お問い合せ LINK
リンク
TOP
トップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さがの 井上社長


<ゆう・湯・さがの、薬師谷温泉さがの、天赦園さがの、天然温泉さがの海田>

さがの井上社長

出会いは私の友人の紹介であった。

最初は、温泉を創る計画だったか、ホテルだったか、レストランだったか、
はたまた、島のリゾート計画だったか、定かではない。
結局、10数年の間に、大型温泉施設を3件、レストランを1件の仕事をさせて頂いた。


私が、ある日の午前11時半頃、店に電話をした。
社長出る。
「あ、山下さん、また、昼から電話してや。ガチャ!」
切られた。

午後2時過ぎに電話をする。
「悪かったなあ、わし、店にいつも出て、ウェイターしよるけんなあ。」

レストランが職場。当たり前である。反省!

20年経った今も同じ姿勢で店に出ている。
だから、人が育つと、私は思う。
(多店舗する原点がそこにある。)

私は本当に幸せものだ、とつくづく思う。
いろんな店の話を聞き、その店づくりに少なからず関わる。
考え方、見方を目一杯教わる。


何回か、瀬戸内のアジ釣りにご一緒した。
私と社長、そして、いつもの舟頭さんとの釣行。
休日なので、ゆっくり舟を出す。
我先にと漁場に行ってる船の群れからは、外れた場所で陣取る。

社長が「飲むかな!」と缶コーヒーを渡してくれる。

時間が流れる。

「きた!」「大きい!」と、アジ釣りを2・3時間する。
「みやげ出来たけん、海の景色でも見ながら、ゆっくり帰ろうや。」と。

忙しそうに釣りをしている船を尻目に漁港へ帰る。
そして、港で舟頭さんと世間話をして、港を後にする。

そんなゆったりした釣りの楽しみ方を教えてもらった。

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。