CONTACT US
お問い合わせ
BATSU FOUR
計画工房 Commercial
商業 Residental ATTACHMENT
こだわり MEETS
施主との出会い PARTNERS
仲間 COMPANY PROFILE
会社案内 CONTACT
お問い合せ LINK
リンク
TOP
トップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんぐの大将


<てんぐの隠れ家、てんぐ屋敷 桃太楼、てんぐの隠れ家 別館 DEVESSO>

てんぐの大将

10数年前に、「てんぐ」という店の一部改装の仕事をさせてもらった。
それから、約10年たった頃、2店舗目を出したいので、
その店の設計をということで声がかかる。

世はバブル崩壊、真っ只中、賃貸物件多し、
しかし、決まらず、半年経過…

「山下さん、おもしろいのが出たで、見にきてや。」

早速見に行く。
あばら家、雨漏り、のら猫の住み家、傾いている…

「ええ店できそうですねえ。」

数ヶ月後、2店舗目「てんぐの隠れ家」オープンと成る。

オープンして数日後、大将から、
「山下さん、やっぱり看板つけようや。
 お客さんが、看板ないから探しても分からん言うて、帰るんよ。」

「大将、計画通りいきましょ。
 看板つけたら、隠れ家になりませんよ。
 1ヶ月様子みましょ。駄目ならつけます。」

結局、現在に至るまで看板つけず。一件落着。(?)


-その2年後に本店移店計画-
探しに探した物件にて「てんぐ屋敷 桃太楼」オープンの運び。
やはり、看板は小さく、探しにくい店となる。

'08夏、てんぐの隠れ家、別館「DEVESSO」オープン。
全店、相変わらず、盛業中である。

大将は無類の負けず嫌いだ。
新しい焼き鳥屋が出来たと聞くと、すぐに行く。
そして、「ここはうちの方が勝ちやな!」「でも、あの辺は負けたな!」と…

それもその筈。
高校、大学でボクシングをやっていた。
おまけに、ミュンヘンオリンピックの日本代表最終選考試合で負けて、
惜しくも行けなかったという経歴を持つ。

今も身体は毎日鍛えている。
いつも真剣に「焼き台」に向う姿がかっこいい。

さがの 井上社長


<ゆう・湯・さがの、薬師谷温泉さがの、天赦園さがの、天然温泉さがの海田>

さがの井上社長

出会いは私の友人の紹介であった。

最初は、温泉を創る計画だったか、ホテルだったか、レストランだったか、
はたまた、島のリゾート計画だったか、定かではない。
結局、10数年の間に、大型温泉施設を3件、レストランを1件の仕事をさせて頂いた。


私が、ある日の午前11時半頃、店に電話をした。
社長出る。
「あ、山下さん、また、昼から電話してや。ガチャ!」
切られた。

午後2時過ぎに電話をする。
「悪かったなあ、わし、店にいつも出て、ウェイターしよるけんなあ。」

レストランが職場。当たり前である。反省!

20年経った今も同じ姿勢で店に出ている。
だから、人が育つと、私は思う。
(多店舗する原点がそこにある。)

私は本当に幸せものだ、とつくづく思う。
いろんな店の話を聞き、その店づくりに少なからず関わる。
考え方、見方を目一杯教わる。


何回か、瀬戸内のアジ釣りにご一緒した。
私と社長、そして、いつもの舟頭さんとの釣行。
休日なので、ゆっくり舟を出す。
我先にと漁場に行ってる船の群れからは、外れた場所で陣取る。

社長が「飲むかな!」と缶コーヒーを渡してくれる。

時間が流れる。

「きた!」「大きい!」と、アジ釣りを2・3時間する。
「みやげ出来たけん、海の景色でも見ながら、ゆっくり帰ろうや。」と。

忙しそうに釣りをしている船を尻目に漁港へ帰る。
そして、港で舟頭さんと世間話をして、港を後にする。

そんなゆったりした釣りの楽しみ方を教えてもらった。

山内社長


<瀬戸内茶屋、瀬戸田すいぐん丸、くるしま海峡SA売店、おいでや、88屋、etc>

山内社長

「あんた、おもしろい?」
開口一番、いきなり質問される。


「はあ、ぼちぼち、おもしろいと思います。」
と面くらい、苦し紛れに答える。


日曜日の朝、あいさと 山下社長から電話があり、
「会わせたい人がおるから、今から来ませんか?」

すぐに県文の隣の野風僧という喫茶店に行く。

「わし、もう、これからは、おもしろくない奴とは仕事せんことに決めたんよ。
仕事は楽しくせんとつまらんけんな…」



いろんなことを教わった。

「物事は、右と左だけじゃない。
その間もあるから、いっぺん考えてみようや。」

「そこからもう一度、右か左を考えてみたら、
新しい右と左が見えてくるかもしれん。」

いろんなところで仕事をさせて頂いた。
瀬戸内の島や、広島、今治、そして、六本木。


いろんなところにもご一緒した。
先日、私のひき出しの写真を整理していたら、
一緒に行った旅先での写真が相当数でてきた。
視察で行ったのに、何故人物の写真?
それはいいとして、
その中の氏の表情はいつも楽しげで、おどけている。

明るく楽しく、やはり時に厳しい人である。

「私は、おもしろいんやろか。」と、ずーっと思う。



広見の高木先生


<we are not alone>
高木先生
高木先生とは、私が行った講演会場の控室で、初めてお会いする。
仕事の依頼のお話だったが、申し訳ないと思いつつも、
「残念なのですが、今忙しいので…」とお断りしたら、泣き出した。
講演会場にいた顔見知りの人たちが、遠巻きに「また山下が女を泣かせている」と指さす。
「わ…わかりました。近いうちに一度、計画地を見に行きます。」
…で、その日は収める。
計画地は、のどかな田んぼの中。この地域の時間がしっかり流れているのを感じた。すぐに、この土地が好きになり、是非、ここで仕事をしたいと思った。
氏にスケジュールを調整して頂き、美容院・喫茶店・託児所を備えた店づくりがスタート。
氏は、シャキッとしたきっぷのいい美容師さんで、お客さんからの信頼も厚い人である。
We are not alone.
このお店の名前には、地元の女性が生活の一部として利用し、ここで仲間づくりをしたり、くつろいだりできる、オアシスのような場所にしたいという想いが込められている。

大阪の大和さん


<四風>
大和さん

住宅会社と飲食コンサルタント会社の二足のわらじを履く大和さん。
内子の「かわせみ」を見て、“こんな店を大阪につくる”と決意。声がかかる。
大和さんとは、日本中、世界中…様々な場所を共に旅をした。
アメリカの温泉ツアー三昧、ヒーリングポイントの探訪。
ある時は、アメリカ・インディアンの居住地で共に「断食生活」を。あるときは、飛騨の山奥で、「互いに一言もしゃべらない生活」を。
人間がいつも当たり前のようにしている行為を生活の中から欠落させてみると、人間の本質が見えてくる。
人間って、たくさん“考えること”ができる生き物。
自分のまわりで生活している人たちのこと、今いる地球のこと、自分が死んだあとも続く未来のこと…
「無理しない。気楽にいこうや。」という感覚の持ち主・大和さんと、一緒に旅をしてつくりあげたのが、懐かしい枯れ草の匂いのする和食店、「四風」。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。